忍者ブログ
写真・カメラ・プラモ・F1の事など…
  お読みください



カウンター数は以前のブログ
より引き継いでます。

画像をクリックすると、
大きな画像で見られます。

不適当と思われる
トラックバックやコメントは、
断りなく削除させていただきます。
ご了承ください。

Twitter Button from twitbuttons.com





マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ




ジオターゲティング


PING送信プラス by SEO対策

  P R
ハピネット・オンライン ガンダム OP/ED COLLECTION M




  ブログ内検索
[118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108]
2017/09/21 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/10/04 (Sun)

2009年F1世界選手権第15戦日本GPは、いよいよ決勝レースの時を迎える。セッション開始前の気温は26℃、路面温度は40℃、湿度43%で晴れ、ドライコンディションとなっている。
3回の赤旗中断、グリッド降格ペナルティ7人と、大混乱の予選となった土曜日の公式予選を終え、ドライバーズチャンピオンシップ1位のバトンが10番グリッド、2位のバリチェロが6番グリッド、そしてバトンを25ポイント差で追う3位のヴェッテルがポールポジションからのスタートとなる。
ウェーバーはピットスタート、それ以外はグリッドからスタートする予定。
また、グロックは予選Q2での事故で負傷したことにより、レースを欠場することが決まっており、トヨタは1台でホームグランプリを戦う。
午後2時 フォーメーションラップがスタート。
ハードタイヤを履いているクルマが多いが、フィジケラ、コヴァライネン、ハイドフェルドなど、何台かソフトタイヤのクルマも見られる。
各車ゆっくりと最終コーナーを回り、ホームストレートに戻ってきた。前から順にグリッドにつく。
シグナルがブラックアウトし、レーススタート。ピットウォールで黄旗が振られている。先頭で飛び出したのはやはりヴェッテル、トゥルーリが出遅れてハミルトンが前に出る。
1コーナーやS字での大きな混乱もなく、1周目の走行が進む。1周目を終えたところでの順位は、1位ヴェッテル、2位ハミルトン、3位トゥルーリ、4位ハイドフェルド、5位ライコネン、6位バリチェロ、7位スーティル、8位ロズベルグ、9位コヴァライネン、10位クビサ、11位バトン、12位フィジケラ、13位中嶋、14位アルグエルスアリ、15位リウッツィ、16位アロンソ、17位グロージャン、18位ブエミ、19位ウェーバーとなっている。
ウェーバーは1周目を終えたところでピットに入り、ヘッドレストを直し、給油をして再びコースへ。
3周目 ウェーバーが再びピットイン。ヘッドレストを再びクルーが調整している。うまくはまらないようで、テープなどで固定している。
ここでスタートのリプレイ。いいスタートを切ったハミルトンが1コーナー手前で一瞬ヴェッテルに並びかけたが、ヴェッテルがそれを抑えてトップで1コーナーを通過している。
4周目 バトンがクビサを抜いて10位に浮上。
6周目 ウェーバーが3回目のピットイン。タイヤを交換して再びコースへ。
7周目 徐々に隊列が伸びつつあるが、5番手ライコネンと8番手コヴァライネンが徐々に前のクルマから離され始めている。
8位コヴァライネンにスーティルが迫る。その後ろにはチャンピオンシップリーダーのバトンが控えている。
8周目 ソフトタイヤを履いたコヴァライネンのラップタイムが伸びない。スーティルが0.4秒差でこれを追っている。
9周目 トップヴェッテルと2位ハミルトンの差は3.3秒、その1.9秒後方にトゥルーリがいる。
11周目 トップのヴェッテルは快走を続けており、2位ハミルトンとの差は4.1秒に広がっている。
12周目 ブエミがピットイン。ノーズからガレージにクルマを入れ、ここでリタイアする模様。
13周目 コヴァライネンとスーティルの8位争いはまだ続いている。
最終シケインの入り口でスーティルがコヴァライネンのインに入り、2台が並んでシケインに突入。シケインの2つ目のコーナーを曲がるときにコヴァライネンがスーティルを引っかけてスーティルがスピン。後ろのバトンがその隙をついて前に出て8番手に浮上。
クビサとフィジケラもスーティルの前に出ている。これで8位バトン、9位コヴァライネン、10位クビサ、11位フィジケラ、12位スーティルとなった。
15周目 前が開けたバトンはどんどんペースを上げている。
16周目 ハミルトンがピットイン。上位勢で初めてのピットストップTPなる。タイヤを再びハードに交換し、ロズベルグの後ろ、8番手でレースに復帰している。
スーティルもここでピットイン。第2スティントもハードタイヤを装着し、18番手でレースに戻っている。
17周目 2位を走行中のトゥルーリがピットイン。8.7秒のストップを終え、ハードタイヤで再びコースへ。ハミルトンの後ろでコースに戻った。
現在、1分33秒台で走行しているのはトップのヴェッテル、2番手ハイドフェルド、そして8番手のバトンの3台のみである。
18周目 8番手のバトンがピットイン。11位フィジケラもピットに入っている。バトンはハードタイヤを履き、アロンソの後ろ15番手でコースに戻っている。
19周目 トップのヴェッテルがピットイン。12.4秒と長めのストップになったが、これは後ろからピットレーンを走ってくるクルマがいたためだと思われる。ハイドフェルド、ライコネン、バリチェロもピットストップを行っている。
上位4台のクルマが同時にピットストップを行ったことになる。
20周目 現在の順位は1位ヴェッテル、2位ロズベルグ、3位ハミルトン、4位トゥルーリ、5位ハイドフェルド、6位コヴァライネン、7位クビサ、8位ライコネンという順となっている。ロズベルグ、コヴァライネン、クビサはまだピットストップを行っていない。
23周目 2番手を走行中のロズベルグがピットイン。ハードタイヤに交換して8.7の制止時間でコースへ。まだソフトタイヤを使用していないので、もう1回のピットストップを行うこととなる。アルグエルスアリもピットイン。
ピットアウトしたロズベルグは中嶋の直前にコースに復帰したため、クルマが軽くなってきている中嶋の前を塞ぐような状態での走行となっている。
24周目 トップのヴェッテルと2位ハミルトンの差は4.3秒、その後ろトゥルーリまでは2.2秒の差となっている。さらに4.8秒離れてハイドフェルド。
25周目 コヴァライネンがピットイン。バトンの後ろ、13番手でレースに復帰している。
26周目 11番手のリウッツィがピットイン。
27周目 5位のクビサがピットイン。6.7秒のストップでハードタイヤを履いてピットアウト。バトンの後ろ、11番手でレースに戻っている。
28周目 中嶋がピットイン。ソフトタイヤを装着しているため、1ストップとなる。
これでまだピットストップを行っていないのは、アロンソとグロージャンの2台となる。この2台も1ストップ作戦をとっているものと思われる。
28周目 スーティルにプレッシャーをかけられていたグロージャンがスプーンでコースアウト。スーティルが前に出て13番手。グロージャンもそのまま走行を続けている。
30周目 現在の順位は1位ヴェッテル、2位ハミルトン、3位トゥルーリ、4位ハイドフェルド、5位ライコネン、6位バリチェロ、7位ロズベルグ、8位アロンソ、9位バトン、10位クビサ、11位コヴァライネン、12位フィジケラ、13位スーティル、14位アルグエルスアリ、15位グロージャン16位中嶋、17位リウッツィ、18位ウェーバーとなっている。
ここでグロージャンがピットイン。またヴェッテルが1分33秒052のファステストラップをマーク。

(GP UPDATEより)



こちらに「なんちゃってHDR」で作った画像があります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン


PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


↑ポチッとお願いします↑


@クレジットカード
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[11/20 maron]
[11/19 maron]
[11/18 maron]
[11/17 maron]
[11/16 maron]
[11/15 maron]
[11/14 maron]
[11/13 maron]
[11/12 maron]
[11/11 maron]
アクセスランキング
プロフィール
HN:
HIR0YUKI
性別:
男性
趣味:
写真
自己紹介:

写真撮影、カメラ、F1、
プラモ、オートバイが大好き!


あわせて読みたいブログパーツ
P R
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *